« めざまし時計「ビッグタイム」 | トップページ | メラビアンの法則 »

占いは統計学?

私は、手相などの占いを学んで15年位になりますが、

「占いって、統計学なんでしょ?」

と、言われることが時々あります。

歴史上、手相の統計を取ったという記録を見たことがないので、

「じゃ、誰が統計を取ったかご存じですか?」

と聞いてみるのですが、答えられた方はいません。

占いの起源などは、知識として知っておくのも良いでしょうが、要するに、生きていく上での道具として占いを利用できれば、それで良いのではないでしょうか。

占いの本ではありませんが、おすすめの本、深見東州 著「究極の運命論」。

幸運期と衰運期は、どのようにとらえたら良いのかなど、わかりやすく説かれています。

占いに興味のある方、実際に占いを学んでいる方には、ぜひとも読んでいただきたい本です。

|

« めざまし時計「ビッグタイム」 | トップページ | メラビアンの法則 »

占い」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 占いは統計学?:

« めざまし時計「ビッグタイム」 | トップページ | メラビアンの法則 »