« 占いは統計学? | トップページ | NASA 神の目 »

メラビアンの法則

メラビアンの法則とは、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合で、聞き手に影響を与える、という法則です。

これを誤解されている方も結構いらっしゃるようで、白石 謙二 著「言葉と声の磨き方」の冒頭でも、

「人に好かれる話し方」は、声や態度を工夫することであり「何を話すか」ではないのです。

と、述べられています。

じゃ、見た目が良ければ、話す内容はなんでも良いのか、なんていうことではなく、同じ内容の話なら、見た目が良い方が、話が受け入れられやすいということです。

ですが、「無門関」、「碧巌録〈上〉 (中) (下)」、「臨済録」など、禅の世界では、師匠が弟子をけなすようなひどいことを言っているのに、弟子に対する最高のほめ言葉だ、なんて解説されていたりします。

メラビアンの法則が成り立つのは、初対面のような場合であって、禅の師匠と弟子のような信頼関係においては、メラビアンの法則は成り立たないということだと思います。

結局、話すときの何かを伝えたいという「思い」が、一番大切なんでしょうね。

|

« 占いは統計学? | トップページ | NASA 神の目 »

開運」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メラビアンの法則:

« 占いは統計学? | トップページ | NASA 神の目 »